YouTube収益化審査は沢山の条件がある

YouTubeの話

収益化するにはYouTubeパートナープログラムの
登録者1000人また過去12か月の総再生時間4000時間をクリアーし
尚且つ審査を受け審査通過した人が動画に広告を入れて収益化する事が出来る

とありますが

既定の条件をクリアーしても審査が通らず収益化できない方もいるようです。

それはYouTubeパートナープログラムの最小限の参加資格要件
満たしたに過ぎないわけです。

審査の中にはコミュニティーガイドラインの遵守
商用利用の権の所有確認
AdSenseプログラムポリシーとYouTubeの利用規約の遵守などを
審査されYouTubeパートナープログラム参加を認められるわけです。

登録者1000人また過去12か月の総再生時間4000時間だけが
先に目に入りクリアーした!と思っても
審査したら他の項目がクリアー出来てなかったなどと言う事もあるようです。

規約やガイドラインは日々変化します。
しかし、今回こう変わりました。と言うお知らせが来ないのが現実です。

例えばYouTubeヘルプの中にYouTubeパートナープログラムの概要、申し込み
チェックリスト、よくある質問 ですが

ここを見ると三角ビックリマークで2019年3月8日更新があります。

これって更新お知らせが来ている訳ではなく更新されています。
常日頃YouTube規約、YouTubeガイドライン、YouTubeヘルプなどを見る事が大事です。

その他にも細かく見ていくと更新されている部分が多々あります。
それらの条件をクリアーする事が必要と言う事のようですね。

また前に書いた記事でも書きましたが条件が変わった事で収益化が停止に
なると言う事もあるので常に自分の動画はどうなんだ?と見直す事が
大事で必要と言う事ですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また、次の記事でお会いいたしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました