Twitter ミュートキーワード設定

日常の事(雑記)

みなさんSNSって使っていますか?
SNSって色々な情報源となっていてとても便利ですよね。
・Twitter
・LINE
・Instagram
・YouTube
・Facebook
等々、たくさんのSNSがあります

スポンサーリンク

僕はよくTwitterを見ます

フォローしていない人のツイートもタイムラインに出てくる事もあります。
姿、言動、行動…すべて見たくないです。

よくYouTube動画などで嫌なら見なければいい」と言われる方もいます。
そうなんです。嫌なら見なければいいんです(笑)
なので、その方のYouTubeは見ません!

しかしYouTubeをやられている方もTwitterで「○○食べました、○○してきました」などを
ツイートするわけです。
その見たくない方を自分がフォローしていなくても、自分がフォローしている方が見たくない方をフォローしていて○○さんがいいねしました。○○がんがリツイートしましたってタイムラインに出てきてします。

Twitterミュート機能

そこで、ミュート機能を使えばよいのでは?
ミュート機能のキーワードを使えばタイムラインに出ないかも?って事で設定をしたら見たい人のツイートは見れて、 フォロワーさんが見たくない人の○○さんがいいねしました。○○がんがリツイートしました はタイムラインから消えました。

Twitterミュートキーワード設定方法

設定とプライバシー⇒コンテンツ設定セキュリティミュー中ミュートするキーワード
このミュートするキーワードに文言を入れます。

例えば僕のTwitterアカウントで設定してみると

うぃんすとん
@winston_ver2
うぃんすとん@winston_ver2
うぃんすとんさんがいいねしました
うぃんすとんさんがリツイートしました

こんな風にミュートするキーワードを設定すると、タイムラインに出なくなります。

例えば目にしたくない人が「おはようございます」と呟き投稿。
僕がフォローしている方が、いいねやリツイートしても僕のタイムラインには表示されなくなります。

でも、言葉の分列によってはタイムラインに表示されてしまうので、その都度ミュートするキーワードに当てはめて出なくしています。
しかし、Twitterをホーム設定にしていると表示されるので星マークをタップして、最新ツイート表示に切り替えるにする事で出なくなります。

まとめ

ミュートしているキーワード数

現在、51個にも及ぶキーワードを設定しています。
これで間接的に見たくない方のツイートはタイムラインに現れることなく快適に過ごしています。
本当に嫌なら見なければいいんです (笑)

という事で、今回はTwitterのミュートするキーワード設定について書いてみました。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
また次の記事で会いあいたしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました