日常の話

押入れの奥から…臨時ボーナスが

投稿日:

先日から早めの年末大掃除をしています。
押入れの奥から出てきたのが円筒の貯金箱3個と長方形の缶箱1つ
貯金箱と四角い缶箱を見た瞬間 一瞬 訳が分からず固まりました…えっ?なんだこれ?って感じです。
缶箱に大量の10円玉

缶箱の大きさは長さ24cm×幅12cm×高さ10cmの大きさです。
貯金箱

円筒の貯金箱は直径10センチ高さ13センチです。
100均などで売っている 500円玉で30万円貯めれるとか50万円貯めれるとか言う物です。

缶箱を開けると大量の10円玉!貯金箱の方は密閉されているので投入口を覗くと10円玉が見えます。
円筒の貯金箱を缶切りで開けるとやはり10円玉…
何故、こんなにも10円玉を貯めていたのかは全く記憶が無いです。

500円玉を貯めた事はありましたが10円玉をこんなに大量に貯めた記憶がない…覚えていない

これを数えるのは大変すぎる…気が遠くなる。と言う事でおおよそいくらあるのか調べてみました
ネットで調べてみると10円玉1枚の重さは4.5gです。
10円玉1枚の重さ

缶箱と貯金箱3つを計測してみました。
缶箱の10円玉重さ 円筒貯金箱10円玉の重さ

缶箱の重さが9kg…貯金箱1つの重さが4kg 貯金箱は3個あるので12kg
合わせて21kg…これをグラムに直すと21000g

この21000gを10円玉1枚4.5gで割ると…4666枚
缶の重さも含まれてますが約4万6千円分の10円玉があるって事です。

ちまちま数えるのは時間が勿体ないので
11月30日(金)が代休なので銀行へもっていき入金する事にしました。

しかし1袋に20.6kgの塊は重すぎる…どうやって持っていくか考え
買い物袋に分ければ何とかなりそうなので1袋約5kgにして4袋を銀行へ行きました。

スポンサードリンク

 

「あのすみません10円玉貯金してた硬貨を通帳へ入金したいのですが」と4袋を窓口にだすと行員さんビックリされていました。
「あっ…ものすごく貯められたんですね」と苦笑いしていました。

書類に名前、住所、口座番号やら色々書いて提出して座ってまっていた。

座って待っていると奥の方で機会が10円玉を数えている…静かな待合室に流れる10円玉の音…
何とも言えない時間が過ぎました。

10分ほどして
「○○さん、お待たせいたしました。」呼ばれたので窓口に行きました。
「集計しましたら45910円でした。お客様の口座に45910円を入金しました」
「あっお手数おかけしました。ありがとうございます」と言って銀行をあとしにました。
これで4591枚の10円玉は預金口座に めでたく入金されました。
通帳記載

金融機関によって違いますが大量の硬貨は手数料を取る所もあるので一度ご利用の禁輸機関に電話などで手数料が掛かるのか
掛からないのか確認した方が良いと思います。

因みに私の知り合いは窓口へ行くのが面倒でATMで小銭をガンガン入れてATMを故障させました。
ATMでできる場合は確か100枚までだったので、大量の小銭は窓口へもっていった方が賢明です。

さてこの45910円の臨時ボーナスを何に使うか検討しようと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また、次の記事でお会いしましょう。

 

スポンサードリンク

-日常の話
-, ,

Copyright© うぃんすとんblog , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。